『なかよし』展に行った話。

先週の水曜日に文京区にある「弥生美術館」に行ってきました。
(本当は先週のうちに日記を上げたかったのですが台風の対策準備でそれどころでなくなり・・・。)
その展示というのが・・・

創刊65周年記念『なかよし』展
~乙女には恋も夢(ファンタジー)も必要だ☆~

『なかよし』展玄関看板

なかよしは私がはじめて読んだ漫画雑誌!
(・・・まぁ幼少期父親が読んでいたビッグコミック3誌が漫画に触れた
元祖なのですがあれは大人向き過ぎて読むというより絵を見ていたというのが
正しいので真剣に物語として読むことができたと考えると↑の雑誌が元祖)
私が『なかよし』に出会ったのが小学校1年生くらい。
確か母親が『りぼん』と『なかよし』を両方買ってきて私に読ませたのが始まり。

その当時『美少女戦士セーラームーン』が放送されていて私は
セーラームーンが掲載されている『なかよし』を選択し
毎月欠かさず購読しました。
(漫画とアニメの絵柄が違い過ぎたのと最初に読んだ号がセーラームーンが
タキシード仮面を剣で刺し殺して自分も貫くやつでトラウマになりかけたのは
いい思い出です・・・。←)
セーラームーンの連載終了して1年後くらいまでは購読してましたね。

『なかよし』の好きだった漫画を数十年ぶりに模写。

当時はセーラームーンのイラストばかり描いていて
将来漫画家になると決めたのも『なかよし』でした。

話を現代に戻して・・・
弥生美術館は小さな美術館なのであまり沢山の人数を収容はできません。
その為混雑してしまった場合入場整理券が必要になります。
ちなみに私が行ったのは平日だったため展示の入場に関しては整理券は
配られませんでしたが受付の時に『グッズコーナー整理券』を渡されました。

グッズ購入の際は例え空いていたとしても必ずこの券を渡さないと
グッズが購入できません。ちなみに物販や展示のある1階の簡単な見取り図が

弥生美術館ロビーの見取り図

大体こんな感じです。(雑で申し訳ないです。)
受付係の方から簡単な説明を受けいざ展示へ。
1階の展示は『なかよし』創刊当時の連載された作品~70年代の作品?
2階が80年代~現在の作品で私のリアル世代の作品は2階にありました。

なつかしき90年代の付録

もう原画もさることながら当時の付録でノックアウトですよ。
学校にプールバック持ってったりレターセットでお手紙書いたり
下敷き持って行ってすぐボロボロになったり・・・。

ちなみに2階の奥の方に渡り廊下があり、そこから隣接されている
竹久夢二美術館に行くことができます。こちらの展示も料金内で見ることが
可能ですのでこちらもぜひ見ましょう!!

そんなこんなで展示を見終わった後併設されている喫茶「夢二カフェ港や」へ!
こちらでは『なかよし』展の期間中コラボ商品が!

わんころべえカプチーノ

可愛いいいい~♡♡♡

因みに私のほかにもう一人お客様がいらっしゃってそちらの方も
「わんころべえカプチーノ」を頼まれてましたが
いずれの絵柄も「わんころべえ」でした(笑)
しかし私が笑ってしまったのはお会計伝票を渡されたんですがその書き方が・・・






わんころ・・・

まぁなんやかんやで楽しんでまいりました!!
無事に買いたかったグッズも買いましたし

セーラームーンクリアファイルセット&ポストカードセット(他作品絵有)

満足満足(^▽^)
これから行かれる方のために簡単な注意事項をまとめました。

注意事項

10月29日(火)~11月24日(日) が【中期展示】
11月26日(火)~12月25日(水) が【後期展示】
会場構成、出展作家は変わらず、原画のみが入れ替わります。
(入れ替わる展示作品の下に次の展示作品のキャプションがありました。)

対象展示作品および美術館の情報は公式HPでご確認ください。
弥生美術館『なかよし』展ページ

また土日祝日や展示入れ替わり直後、最終日になると混雑が)予想されますので
整理券情報は公式Twitter公式Facebookで確認を!

また展示が変わったら見に行きたいなぁ
(*´艸`*)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

史上最大の台風一過

次の記事

鈴木羊さんのお話